blog

ミンナの成長を感じた施設外作業 【除草剤散布編】

皆様、こんにちは。ミンナのナカマ支援員の田野辺です。

先日、ミンナのミライからの依頼でH様の太陽光発電のある敷地の除草剤散布を行ってきました。

ミンナのミライのミンナが草刈り機で刈った場所や、太陽光パネル付近に散布します。

水で薄めた除草剤の入ったタンクをリュックの様に背負い、右手にノズルを持ち左手でレバーを上下にさせながら散布していきます。人によっては難しい動作かもしれません。

しかし何度かこの作業を行ったことのあるミンナは、重いタンクを「よいしょっ」と背負い、すたすたと作業の場所へむかいスムーズに散布していきます。全員女性メンバーでしたが、とても頼もしいです。

この日は風があったため、除草剤が自分にかからないように風上から撒くように声をかけると不安そうな表情で「風上って何ですか?」との質問がありました。自分が実際に行いながら説明をすると「分かりました。ありがとうございます」と風に背を向けてニコニコしながら作業を行っていました。

分からない事を素直に質問してくれることがありがたいです。

除草剤を無事に撒き終わったので、フェンスに巻きついたツタをとる作業も行いました。手作業でフェンスからとっていきますが、取りづらいツタは剪定ばさみを利用して取っていきます。

ミンナの中には休憩を忘れるくらいツタ取りに夢中になっている方もいました。その方は普段の作業で中々作業に集中することが難しく、作業に集中することが目標の一つとなっています。ツタ取りに集中している姿を初めて見てその方の強さを感じました。作業時間が終わった後もツタ取りをまたやりたい。また来週行きたい。といった前向きな言葉もありました。そういった本人の意思や強さを今後も色々な作業を経験することで生かせていけるような支援がしたいと思えた一日でした。

作業後、事業所に戻り、タンクの掃除や片付けを行いました。みんなで分担し協力して片付けもスムーズに終了し、達成感を得られたのではないでしょうか。

これからも頼もしく強いミンナに出会えると思うと楽しみです。

 

 

パートナー企業一覧